TOPページ 土佐錦魚の飼育と繁殖 トサキン保存会 中部日本支部 各種案内 活動報告・写真館 土佐錦魚分譲 会員専用掲示板

今年度最終針子分譲(2019-5-7)

 我が家では今年度の繁殖はこれまでに21腹採卵し、あと数腹採りたい魚はいますがほぼ終了しました。今回の針子は4歳魚雌と3歳魚雄の掛け合わせで少し期待している組み合わせです。分譲のページで分譲開始しますので覗いてみてください。

 

 交配に使用した3歳魚雄魚


稚魚一般分譲のお知らせ(2019.4.22)

 お待たせしました。会員への分譲が終了しましたので稚魚の一般分譲を致したいと思います。詳しくは分譲のページをご覧ください。3月23日生まれの約1カ月の稚魚で3回の選別が終わっています。

そろそろ丸鉢に入れられる体調1.5センチくらいの大きさです。選別により楽しめる魚がいると思います。大きな欠点のある魚は撥ねてあります。


2019年繁殖近況(2019.4.11)

 本年も3月21日より産卵が始まり第1弾として30日までに6腹採卵し第2弾は4月7,8日に8腹の合計14腹採卵しました。

 今週末くらいから第3弾が産卵するかもしれません。

 会員向け無償分譲は間もなく終了しますのでその後は一般分譲に入りたいと思います。会員の方にはグループラインで通知してありましたがラインに入っていない会員の方は至急ご連絡ください。

 

No2 1回選別済み(鮒尾はほとんどいなかったです。)

No5 こちらは採卵数が少なかったので少な目

No6 ここまで会員に分譲済み

No13 明日くらい孵化すると思います。


2019年総会と談話会(2019-3-18)

 昨日午後1時より2019年度トサキン保存会中部日本支部の総会及び談話会を開催しました。また希望者には明け2歳魚の分譲をしました。

 当支部は県外の会員が多いので様々な事情により参加者は少なかったですが、遠方は北海道、高知、東京、神奈川からの会員にも参加いただき午後1時から4時半まで土佐錦魚の飼育、病気や疑問点について意見交換と最新情報について話をしました。また名古屋に宿泊される遠方からの会員の方達と終了後名古屋栄のバイキングレストランで夕食を食べました。

 

参加いただいた会員の皆様楽しい時間をありがとうございました。

下記に今年度の支部の予定が決まりましたので記載します。

2019年9月8日(日) 午後1時より支部長宅にて当歳魚研究会

 10月20日(日)午前10時より第11回品評会(名古屋eco動物海洋専門学校)旧NCA

11月3日(日)高知土佐錦魚保存会全国大会(予定)

2020年3月15日(日)午後1時より支部長宅にて総会及び談話会

 

また役員改正による新役員

  副支部長 粉川隆幸氏

  庶務    上名良治氏

        に決まりましたのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

  飼育場を見学していただきました。


平成31年度総会及び談話会開催のお知らせ(2019−2−25)

 トサキン保存会中部日本支部平成の31年度総会及び談話会のお知らせ

 下記の日程にて開催いたますので会員の皆様におかれましてはご出席のほどよろしくお願いいたします。

 当日平成30年度の会報とDVDをお渡しします。

なお準備の都合上事前にメールまたはグループラインにて出欠の連絡をお願いいたします。

       日時:平成31年3月17日(日) 午後1時

       場所:支部長宅

 


明けましておめでとうございます

 

 

明けましておめでとうございます。本年もトサキン保存会中部日本支部をよろしくお願いいたします。


45回大会記念誌(2018−12−12)

 昨年出版しましたトサキン保存会45回大会記念誌を後々まで残してゆけるように国立国会図書館に寄贈しましたが、12月3日に受領書が到着しました。

 

 

 

 


台湾土佐錦魚品評会(2018−12−12)

 12月9日に台湾台中の彰化市国聖国民小学校にて三奇金魚主催の第10回金魚品評会が開催され、審査員として品評会に参加してまいりました。土佐錦魚の品評会は2年前に続いて2回目の品評会となりますがランチュウは毎年開催されています。まだまだランチュウに比べて土佐錦魚は普及していませんがランチュウに負けないように普及していくことを願っています。今回審査は関東土佐錦魚保存会の土佐錦魚界の重鎮であります蓬田堅氏と2人で行いました。

 

 

 

 

 

親魚の部

東大関

 

西大関

 

立行司

 

当歳魚の部

東大関

 

西大関


 

立行司

 

 2年前も審査させていただきましたが、今年もまだまだ出品魚の数が少ないことと、まだ親魚までしっかり育てられていない状態ですが台湾の方々は毎回熱心に魚の見方や飼育法について質問をされ、近いうちに魚のレベルが上がってくることは間違いなさそうです。

 ランチュウでは毎年レベルが上がってきており土佐錦魚も同じようになってゆくことを願っています。

 

 最後に毎回このような貴重な経験をさせていただき、長年の友人でもあります三奇金魚水族代表の呉佳瑞氏にこの場をお借りしてお礼申し上げます。


トサキン保存会中部日本支部第10回品評大会(2018−10−21)

 平成30年10月21日(日)名古屋市中区にありますNCAにて第10回品評大会を開催しました。今回は仕事や家庭の事情で参加できない会員が多数いましたので、どうなるか心配していましたが参加できた会員の皆様と会員外の見学者の方のおかげをもちまして無事に開催することができました。この場をお借りしてお礼申し上げます。以下に結果等を掲載いたします。

 

集合写真

 

審査員

 

審査風景

 

親魚の部

優勝 山口大助

丸尾で返しがよく決まった土佐錦魚の魅力を持つ魚です

 

準優勝 荒川大輔

7歳魚で大きさがあり、親魚らしい迫力のある長手の魚です

 

第3位 丹羽利夫

やや腹がさみしいですが返しの良い魚です

 

第4位 粉川隆幸

 

第5位 近藤洋

 

第6位 本庄正司

 

第7位 近藤洋

 

第8位 近藤洋

 

第9位 本庄正司

 

第10位 粉川隆幸

 

2歳魚の部

優勝 荒川大輔

やや尾芯の先に癖を見せますが顔つき、体形がよく丸手で品のある魚です

 

第2位 近藤洋

丸尾で癖もなく後ろ広く、良い尾型を持つ優魚です。優勝魚と同等の魚です。

 

第3位 近藤洋

やや桜気味なのが悔やまれます。

 

第4位 本庄正司

 

第5位 粉川隆幸

 

第6位 近藤洋

 

第7位 近藤洋

 

第8位 上名良治

 

第9位 山口大助

 

第10位 荒川大輔

 

当歳魚の部

優勝 近藤洋

褪色中で損をしていますが後ろ広く欠点の少ない良魚です

 

準優勝 近藤洋

良い尾型を持つ魚ですがもう少し腹型があればもっと見せるでしょう。

 

第3位 近藤洋

尾先に少し欠点を見せますが整った魚です。

 

第4位 岩崎民夫

 

第5位 丹羽利夫

 

第6位 粉川隆幸

 

第7位 上名良治

 

第8位 近藤洋

 

第9位 丹羽利夫

 

第10位 岩崎民夫

 


トサキン保存会中部日本支部第10回品評大会開催のおしらせ(2018−9−12)

 来る平成30年10月21日(日)に下記の予定で第10回品評大会を開催いたしますので会員の皆様におかれましては是非ご参加賜りますようお願い申し上げます。なお一般の方の見学もできますのでお時間のある方は気軽にお立ち寄りください。

 

トサキン保存会中部日本支部第10回品評大会

日時: 平成30年10月21日(日) 

午前10時より午後4時頃まで

場所: 名古屋コミニュニケーションアート専門学校 第2校舎 (エコ・コミュ二ケーション科)3階トリミング実習室

下記の地図にて確認ください。緑で記された第2校舎ですのでお間違えの無いようにお願いいたします。

     名古屋市中区栄3−21−6

     筺052-269-2180 

 受付: 午前10時より11時まで(時間厳守)

出品資格: 中部日本支部会員(当日入会者を含む)

出品制限: 親魚、2歳魚、当歳魚各5匹まで

出品料: 2000円(出品数に関わらず)

出品の無い会員の方にも参加賞を準備していますので声をかけてください

 

 

なお、お車でご来場の際には会場に駐車場はありませんので、会場周辺のコインパーキングをご利用いただくようお願い申し上げます。またタクシーでご来場の方はNCAには校舎が複数ありますのでお間違えの無いようにご注意ください。



ページ:|1|234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556次のページを見る